のほほん日記♪新嘉坡編

☆の国生活も5年目に突入。
by mam-01
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ロバートソンキー界隈
from ☆(星)の国から
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:こども( 72 )


中学生LIFE

ムスメが4月13日に中学の入学式を迎えてから 1ヶ月が過ぎました。

塾に通い始めたこともあり、4月中は新しい生活パターンに慣れるのに精一杯で
ゆっくり話す間もないほど慌ただしい毎日。
ゴールデンウィークの連休で 心身共にほっと一息つくことができました。

楽しみにしていた部活は 仲良しのお友達と一緒に軽音部に。
バンドを組んで いずれ披露するんだとか。
なんの楽器もできないのに大丈夫なの~?!との親の心配をよそに
未知の体験にわくわくしているよう。
部活は週2日しかないので どこまで上達するのか甚だ心許ないですが
気長に見守る事にいたしましょう(笑)

去年のムスコの入学式同様、今年も母が式に合わせて来星。
一緒に記念写真に納まり、いい記念になりました♪

小学校の半分しかない中学校生活。
今まで以上にあっという間なんでしょうね~~
いろんなことにチャレンジして 大きくなってゆけ!!
[PR]

by mam-01 | 2010-05-14 21:49 | こども

Graduation

3月16日は 小学校の卒業式でした。

ムスメはスクールバスで登校。
ムスコ(体育館が狭いため1~3年生は休校)とオット(半休を取った)と私は車で学校へ。

この1年で通いなれた学校も厳かな雰囲気に包まれ、受付の先生方に
「本日はおめでとうございます」と声をかけられると いよいよなんだな~と実感してきました。

式が始まって入場してきた6年生は 式服のせいか普段と打って変わって大人びていて
頼もしく見えました。
卒業証書を受け取る前に一人一言ずつの発表があり、
小学校の思い出・親や先生への感謝・将来の夢・中学生活の抱負など素直な言葉が胸に響きました。
来賓の挨拶時などの起立・着席も びしっと揃っていて見事だったし、
君が代・校歌・お別れの曲の合唱も のびのびと歌っていて
本当に気持ちのいい卒業式でした。
式典の時はいつもそうなんだけど、ビデオを撮っているとどうしてもそちらに注意がいってしまって雰囲気に浸れないんですね~~もったいないなぁ。

一度帰宅してから ホテルで6年生合同の卒業パーティーがありました。
広~~いボールルームでハイティービュッフェのあと、クラスごとの出し物が。
紅白歌合戦(カワイイ男子の女装付き!)あり寸劇ありで
クラスカラーが良く出ていて面白かったぁ!!
みんな忙しかっただろうに よく練習していたのね~。
出し物の最優秀賞を決める先生のジャンケンで最高に盛り上がり、
先生一人ずつのお言葉でじ~んとし、笑いあり涙あり?のひとときでした。
 
3年生の2学期、体育館で初めて日本人学校の校歌を聴いた時、
いかにも南国らしい爽やかな歌詞で大好きになりました。
こじんまりして和やかなクレ校での3年半はあっという間で
貴重な経験を沢山させてもらいました。
いつも熱い先生方、積極的な保護者の方々、素直で優しいクレっ子のおかげで
楽しい思い出がいっぱいです。
お別れで淋しい思いもするけれど 日本にいたら絶対に出会えなかったお友達が
各地にいるというのは心強い思いです。
桜はないけど、青空にそびえる椰子の下での卒業式もいいものですね♪

4月からの中学校生活で また新しい出会いがあり、
ムスメの世界も大きく広がるでしょう。
なるべく口は出さずに 目は離さず見守っていけたらと思っています。
[PR]

by mam-01 | 2010-03-21 17:44 | こども

チャレンジ!

今さら感 アリアリでお恥ずかしいのですが
子供たちに人気のSボードが我が家にやってきました。

コンドの上級生が華麗に滑っていても な~んの興味も示していなかったムスコ。
ものすごいビビリ慎重派なヒトなので、ほっといたらこのまま運動オンチ街道
まっしぐら?!と不安が募った母。
言葉を尽くしてその気にさせ、気が変わらないうちに一緒に買いに行っちゃいました!

カッコイイ迷彩柄のケースに入れてもらって嬉しそう♪
重いのに、しっかり家まで抱えて帰りました。

戻ったら 早速練習!
お兄ちゃんたちが 親切に教えてくれて頼りになります。
壁につかまりながら そろそろ~っと前進。
行ったり来たりしているうちに あらっ?
なんとかバランスをとって乗ってるじゃないの!

「ある程度できるようになるまで 1週間ぐらいかかるかな~」なんて思っていたので
正直びっくり!!
結局 夕方までずぅ~っと練習し続けて、息を弾ませて帰ってきました。
「ねぇ~ ママ見てた?
(部屋から外で遊んでいる様子が見えるので)
ぼく もうだいぶ乗れるようになったよ!すごいでしょう?」と得意顔。
実際はまだまだフラフラしているんだけど 予想外の頑張り!

部屋から見ていたムスメも興味津々でチャレンジ。
2人とも思いがけずハマったようで 夕食後も自主錬に励んでおりました。
「もっとうまくなったら イーストコーストパークでママの自転車と競争しよう!」と
挑戦状をつきつけたので ムスコは今、燃えています(笑)
ふっふっふっ  作戦大成功❤ 頑張れ~~!! 

f0053830_17492476.jpg

[PR]

by mam-01 | 2010-02-16 22:28 | こども

ガッテン!!

学校で開かれた講演会に行ってきました。
講師は スクールカウンセラーの先生です。

テーマは「子どもの褒め方・叱り方~反抗期・思春期前の準備として~」

ただ座って話を聞くだけでなく ワークショップ形式でした。
先生が挙げる例も身近でわかりやすく、大変参考になったので自分の忘備録も兼ねてご紹介します。 

冒頭、各人で昨日を振り返って、
(子どもに対して) ・どんなことを褒めたか
            ・どんなことを叱ったか
            ・褒めた割合VS叱った割合は?
という質問が。

叱った内容ならいくらでも出てくるけれど、はて?褒めたっけ・・・・・・?
褒めることの重要さは承知しているつもりでも 全く実行できていないことに愕然。

そこで、二人一組になって 子どもの褒められるところを探します。
「お子さんは 何ができますか?」 → 「子どもは ~~が出来ます」
え~~?できること??と戸惑ったけれど 先生が挙げた例は
「歩けます」「話せます」「ご飯が食べられます」などなど。
そんなことでいいのかぁ~。そうだった!
ここまで大きくなるまでには、寝返りが出来た、一人で立てた、初めてしゃべった、
自分で着替えられた、なんて出来事にいちいち感激していたんだった!
いつの間にか そういったことが出来て当然になっていて
こっちの要求が勝手に大きくなっていたのかも。

では 実際どうやって褒めればいいのでしょう?

具体的に 「頑張ったね」「えらいね」→何を頑張ってる?どこがえらい?
・目に見える形で褒めるのも必要→拍手、額縁に入れて飾る、
                      約束が守れたらカレンダーにチェック、など
・小さな進歩があった時、本人なりに努力している時を見逃さずに
・褒めた時の反応を見る→子どもに合った褒め方の研究

反対に 上手な叱り方は?

・しっかりと目を見るようにさせる
低い声で ゆっくり、はっきり、簡潔に伝える
・その言動の理由を考える、本人に聞く→子どもの気持ちに寄り添う
・やめて欲しい行動を具体的に伝える
・子ども自身にどうすれば良いか考えさせ、それがどんなものでも褒める
・求められる行動、身につけて欲しい行動について具体的に教える
・子どもが理解したかを確認する
・最後は笑顔で

う~ん なるほど・・・・・・
感情的なキンキン声でクドクド・・・・・・というありがちな怒り方では
子どもも「またか~、ウルサイな~」と思うだけで、心にちっとも届かないんですね。
ムキ~っときてる時に ↑の方法を思い出すのは難しそうですが 日々、訓練! 

子どもが帰宅して 早速実践!
いつもは 「お弁当箱出して!学校からの手紙は?先に手洗っておいで」と
つい たたみかけて「今帰ってきたんだから ちょっと待ってよ(怒)!!」というパターンなのですが 今日のママは違います。
にっこり笑顔で 「お帰り~♪」
命令口調でなく「おやつの前に何するんだっけ~?」
あらあら、二人とも素直にお弁当箱をシンクに出して洗面所へ。
なんて和やかなのかしらっ?!
うまく褒められなくても 子供の話を一人ひとり聞いてしっかり共感するだけでも違うんですね。
思った瞬間に言葉が出てしまう私には 言い方を変えるのが結構大変。
1日だけで終わらずに継続して、更に褒め上手になれるよう精進したいと思います。 

今回は 対象が反抗期前ということで どちらかというと低学年向き。
思春期対象となると また違ってくるそう。
是非とも 難しいお年頃の続編を希望します~~!!
 
[PR]

by mam-01 | 2010-01-28 21:14 | こども

音楽発表会

運動会と並ぶ、2学期のメイン行事であるクレっ子コンサート(音楽発表会)が
終わりました。

10月からほぼ毎日のように学校に行っているので 作業しながら子供たちの練習が
聞こえてくるのは なかなか楽しいものでした。
初めは ちょっと頼りないような遠慮がちな歌声っだったのが
日を追うごとに大きくなってきて、子供ってすごいなぁ~~と感心してしまいます。

本番の14日(父兄が見に来る日)の前に、児童だけの発表会があり、
アルバムの写真撮影も兼ねて見学させてもらったのですが、
この日だけ特別に先生方による合唱がありました。
アンジェラ・アキの『手紙』
男性の先生の力強い歌声と、女性の先生のきれいなソプラノのハーモニーが
とても素敵で、子供たちからも「アンコール!!」の歓声があがるほど。
いいモノを見せてもらっちゃいました♪

14日は 1年生から順番に発表です。
ちっちゃくって、ステージに出てくるだけでかわいい❤
みんなそろって体を揺らしながら 『あめふりくまのこ』や英語の歌を歌い、
ピアニカで『メリーさんのひつじ』を演奏。
一生懸命な姿がなんともほほえましくて良かった!

最後に登場した6年生は まずはリコーダーで『パッヘルベルのカノン』のあとに
合唱『遠い日の歌』。
この曲は ハミングの部分があって難しいと思うのですが
しっかりと感情を込めて歌いあげていました。
高学年だと恥ずかしがって 大きな口を開けたりして歌うのに抵抗があるのでは?
なんて予想を軽く裏切って、みんな本当に真剣に指揮者を見つめて
全身で集中しているんですね。
さすが6年生。一人一人を見ながら じ~んとしてしまいました。
合奏は『シンクロボンバイエ』(ドラマ『ウォーターボーイズ』のテーマ曲)
手拍子から始まって、最初の音が鳴った時 鳥肌が立ちました!
楽器の種類も多く、華やかでメリハリのきいた演奏は
親の贔屓目を除いても とても良かったと思います。

6年生は、運動会、修学旅行、コンサート、と大きな行事を終える度に
一歩一歩 卒業へ近づいていくのを実感します。
子供達もそれがわかっているから全力投球して、
終わった後は実にいい笑顔をしています。
アルバムに載せる行事もここまで。
あとは 今学期中に全てのデータを業者に渡してしまえば、完成を待つばかり。
もう一踏ん張りです。
[PR]

by mam-01 | 2009-11-15 02:02 | こども

1年生になったよ♪

ムスコの入学式が無事終わりました。
体育館が狭いので在校生は6年のみ出席で他学年はお休み。
普通に登校していったムスメ、来星中の母、オットと共に式に参加できて感無量。

f0053830_322466.jpg
朝起きてきたムスコに「1年生おめでとう!」と声をかけると
恥ずかしそうに「ありがとう♪」とにっこり。
お赤飯をいただいて出発!

f0053830_2312938.jpg

胸にコサージュをつけてもらって 並んで入場してきたムスコは緊張しまくった顔。
先導する6年生の後ろだと、新1年生はホントにちっちゃくて可愛い♪
ついこの前まで幼稚園では最年長だから、それなりにしっかりしてきたと
思っていたけれどやっぱりまだまだちびちゃんなのね(笑)
6年生(姉)が歌う校歌を新入生(弟)として聞くことができ、
良かったなぁとちょっとしみじみ。
そんなことを思っているうちにあっさりと式は終了。
あらっ?泣くほどの時間はなかったわ。

実は前日の始業式の日に ムスメたち6年生が入学式の準備をしたため
ムスコのクラスはわかっていたのでした。
誰が同じクラスか、隣の席は誰か、しっかりチェックしてきてくれたお姉ちゃん。
頼もしい~!!
「○○くん達と一緒でよかったね♪」と弟を気遣う姿に成長を感じて嬉しかったです。

幼稚園での仲良しさんや知っている子が多く、
また思いがけないお隣さんにも恵まれて親子でほっ。
机に座って先生のお話を聞いている姿は新鮮!
早く新しいクラスと先生に馴染んで、楽しく通ってくれるといいな。
私もムスコも「お姉ちゃんがいるから安心だね」と頼り切ってます(笑)
これから6年生による絵本の読み聞かせや異学年交流も始まるそうで楽しみ♪
1年間だけ重なる二人の小学校生活、あっという間でしょうが忘れないように
心にとどめておきたいなぁと思っています。
[PR]

by mam-01 | 2009-04-17 00:22 | こども

バレンタインデー

日本なら 特設売り場が出来たり、雑誌で特集が組まれたりして
かなり早くから盛り上がるバレンタインデー。

こちらでは 日系フリーペーパーで取り上げられる程度なのでついつい忘れがち。
(そもそも当地では 男性→女性へプレゼントする日)

そんな訳で 我が家のカレンダー及び私の予定表の14日は空白でした。

ところが数日前にムスメが「今年は友チョコをあげる!」と宣言。
仲良しのお友達4人に配るんだそうな。
チョコはでろでろ溶けて大変なので、クッキーで妥協してもらいレシピを検索。
材料の計測からオーブンでの焼き上げまで一人でこなし、きっちり洗い物も済ませてもらいました。
(今まで作るのは嬉々としてやるけれど、そのあとシンクがごちゃごちゃなので
作らせるのが嫌だった)

焼きあがったクッキーを冷ましていたら そこへひょっこり帰ってきたオット。
何気にツマミ食いして「だめ~~っ!それ、友達にあげるんだから!!」と怒られてました(笑)

もうパパより友達なのね~~
そういえば、いつのまにか「パパと結婚する!」と言わなくなったし。
本命のチョコを渡したいような相手はいないのかしらね?

お友達への分をキレイにラッピングしてカードまでつけて準備完了。
残った分を ありがた~くオットとムスコへ。
来年はしっかりチョコ用意するから パパ元気出して~!
[PR]

by mam-01 | 2009-02-16 01:50 | こども

ムスコ近況

最近 しりとりがお気に入りのムスコ。
バスの中や寝る前なんかによくリクエストが。

先日も「ママ~、ポケモンしりとりやろう!ぼくからいくよ~」とヤル気まんまん。
「じゃあね~、フライゴン!

・・・・・・・終わってますがな!!

キリン!とか ダイコン! とか力強く言い切っては
いちいち はっ?!として 「今のナシねっ?」とわたわたするので とっても楽しく遊んでいます。(いいのか?それで)


お友達のお子さんが10回クイズ(相手に「ピザ」と10回言わせてから 肘を指して
「ここは?」と聞くもの)で 「エルボー」と答えたというのにウケて 
ウチでもやってみました。

律儀に「ピジャ、ピジャ、ピジャ・・・・・・」と指を折って10回数えるムスコ。
「じゃあ ここは?」

アゴ!」(大マジ)

クイズ以前の段階でしたね・・・・・・

こんなムスコも 4月からは小学生。(←予定)
すっかりコラショ(しまじろうに代わる小学生向けのキャラ)に影響されています。
そんな彼の1年生への決意表明はこちら

f0053830_0401267.jpg
どん!





日頃 姉が怒られているポイントを見事に反映(笑)
素晴しい洞察力!
その勢いで 突っ走っていただきたいものです。
[PR]

by mam-01 | 2009-01-11 17:54 | こども

大人の階段

幼稚園のお友達の間で ちらほらと「歯が抜けたよ~」という話を聞きながら
一向にグラグラする気配のなかったムスコ。

いつの間にか 下の前歯の裏に永久歯が覗いてきてるじゃ~ありませんか!!
まだ乳歯が抜けてないのに 永久歯が出てくるなんて???と驚いたけれど
ネットで調べてみると実によくあることだそうで。

乳歯が依然がっちりして当分抜けそうになく、そのままでは歯並びへの影響なども心配なので歯科医院へ。
やはり乳歯は抜いた方が、早く永久歯が正しい位置に移動するそうなので
抜歯することに。

最初にイチゴ味の麻酔クリーム?を塗ってから、注射。
先生から「目を瞑ってね」と言われても、恐怖からか目を見開いたままのムスコ。
そっちの方がよっぽどコワイんじゃ・・・・・?
繋いだ手をぐぐ~っと握り締めて、一瞬顔をしかめたもののあっさり注射終了。
麻酔が効いてしまえば、抜歯自体はあっという間なので
歯医者さんで痛い思いをせずに済んでほっとしました。
歯医者嫌いにさせちゃうと 後々大変ですからね~

f0053830_0193163.jpg
記念の1本目

こ~んなちっちゃな歯でいっちょまえにゴハンなんか食べてたのかぁ




子供の歯って ちっちゃくてホントに可愛い!
ムスメの抜けた歯も全部取って置いてあります。
最初の8本(上下4本ずつ)は、抜けた日付と状況を書いたメモ付き。
『おばあちゃんちで食事中に』とか『とうもろこしを齧って』とか
後から見ると結構面白いんですよ~
これからしばらくは 歯欠けのちょっとおマヌケな顔ですが それもまた楽し♪
少しずつ成長してるんだなぁ~と感じた出来事でした。
[PR]

by mam-01 | 2008-10-24 00:32 | こども

お呼ばれ

ムスコのお友達のお誕生会に行ってきました。

お誕生会に招待されたの初めて!
土地柄なのか横浜の自宅近辺でそういった習慣がないようで
ムスメの時は一切ありませんでした。
こちらでは、ローカルやインターに通っているお友達は
呼んだり呼ばれたりしているのですが、ウチは縁がないわね~と思っていたのでした。

このパーティーは男子ばっかりでムスメは手持ち無沙汰だろうと思い、
ちょうどコンドの中秋節フェスティバルの日だったので、
ムスメはコンド仲間にお願いしました。

今回のメインはコンバットゲーム。
お友達の家の近くの公園で、レーザー銃を使って戦闘ごっこ。
(弾が出るのではなくて、レーザーに打たれるとセンサーが反応して
自分の持ち点が減っていく)
これはもう男子のハート鷲掴み間違いなし!!
こういった機材を一式貸し出してくれる会社があるんですね。
スタッフから説明を受けている顔は真剣そのもの。
ちゃんと迷彩のフェイスペインティングまでしてもらって気分も盛り上がります。

f0053830_504560.jpgf0053830_514458.jpg















f0053830_524562.jpg

この銃、かなり重くて正直少しよろけてました(笑)
お友達のお兄ちゃん(小2)グループは、流石に様になっていて
木の陰から敵の様子を窺ったり、後ろから回り込んで襲撃したりとカッコ良かった!
最初はへっぴり腰で 全く動けなかったムスコ達ちびちゃんグループも
お兄ちゃん達を見てコツがつかめてきたのか イキイキと走り回るように。
夕方スタートだったので、いつの間にか辺りも暗くなり本格的だぞ~。
やっと慣れてきたね、と思う頃に時間終了。
案の定、「もっとやりたい!またやりたい!」と大興奮でした。
これは面白いよね~!!私もやってみたい・・・・・
しかし、母には無理だわ。(アレンジするのが)
いい経験になったね!

その後はお友達のおうち(素敵な一戸建て♪)に戻り、ママ手作りのケーキでお祝い。
グッディッバッグをいただいて更に ピニャータ(くす玉の中にお菓子やオモチャが入っている)割りで大盛り上がり。
普段、幼稚園の外でお友達と遊ぶことがないので遅くまで大騒ぎ。
親はゆっくりおしゃべりもできて、とても楽しいひとときでした。
[PR]

by mam-01 | 2008-09-28 05:36 | こども