のほほん日記♪新嘉坡編

☆の国生活も5年目に突入。
by mam-01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ロバートソンキー界隈
from ☆(星)の国から
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


早くも再会

日本の友達が、ビンタン滞在後シンガポールから帰る、というので張り切って会って来ました。
友達とは19:30にDFSで待ち合わせ。
とりあえず、子供たちに軽く夕食を食べさせてから早めに家を出て
お土産を買うためにラッフルズホテルへ。
(40分ほどかかるけどバス1本で行けたのはありがたい)
初めて足を踏み入れたラッフルズ。
散策は後日の楽しみとして、お目当てのホテルオリジナルショップへ。
いろいろあって迷ったけれども 軽くてかさばらないもの・・・とチョコレートにしました。
ムスメがうらやましそーに見ているので特別に?自分用も購入。
おいしかったらお土産の定番にしようっと。

今回、どこで食事をするかいろいろ調べたのですが、ツアーで時間があまりないので
オーチャード近辺で少しローカルフードも楽しめるところ・・・・ということで
ピクニックフードコートに行ってみることにしたのです。
もちろん私も初めてなのでざっと下見をしたくて、ラッフルズからタクシーに乗りました。
マレー、タイ、インド、韓国、イタリア、日本・・・・とバラエティに富んでいるので
これなら大丈夫かなとDFSへ。
珍しく仕事を早くあがれたオットも一緒に友達と再会。
7月に会ったばかりだったけど、まさかこっちで会えるとは思っていなかったので
感激でした。
フードコートでひととおりお店を見て回り、ちょっと落ち着かないかなということで
結局“翡翠拉面小籠包”に入りました。
先日“鼎泰豐”で小籠包に目覚めた子供たちはすかさずオーダー。
他にチャーハン、ラーメン、うどん?、青菜の炒め物、蝦の塩炒め、スープ、湯葉巻揚げなどいろいろ頼み、おなかいっぱい堪能しました。
ビンタンの写真を見せてもらったりしているうちに、あっという間に友達の集合時間に。
短い時間だったけど、とっても嬉しかったぁ!
そして、じゃあね!と去っていく後姿を見送るのはちょっと切なかった・・・。
この次は、他の友達もいっぱい連れて来てね
待ってるよーん。
[PR]

by mam-01 | 2006-08-29 17:38 | シンガポール生活

アツイ男

中央消防署が土曜の午前中だけ一般公開している」というblogを見て
はるばる行って参りました~。
土曜といえどもオット不在の我が家にはピッタリ。

朝から暑さがキビシイ中、いましたよ~。
男の子がわんさかと。
あっちでもこっちでも大撮影会
うちだって、負けてられませんからっ!

一目散に消防車に駆け寄るムスコ。
順番待ちももどかしく座席に乗り込む。
消防士のヘルメットをかぶり、得意気。
「そうね。心ゆくまで堪能なさい♪」とカメラを向ける私。

・・・・・・がっ。
液晶に映る彼は、えらく不機嫌な顔。

「あ゛~つ゛~い゛~~」

はぁっ?!
この赤道直下の直射日光の中、君たちの上着やら水やら
大荷物下げて、カメラとビデオまで構えてる私は暑くないとでも???

いかん!ここでキレたら楽しい休日が・・・・・・と自分を抑え、
はしご車に向かいます。
きちんとベルトを締めてリフトがぐわぁーんと上がっていきます。
余裕で手を振るムスメの横で、明らかにひきつった顔のムスコ。
戻ってきて「どうだった?」と聞くと「面白かった」と言いながらも目は合わせない・・・・。
怪しい・・・・・・。

ひととおりの乗り物に乗り、(放水体験はびしょ濡れになりそうなのでパス)
併設のギャラリーへ。
ムスコは、ここでも展示の車に乗ろうとするので慌てて押しとどめました。
2階の「消防士の仕事内容」の展示にいたく心惹かれるようで、
何度もぐるぐるまわって見ていました。
(ムスメの方は、さして興味もなく「もう行こうよぉ~」連発)

“中央消防署”というからには、ばりばりに中枢機関な訳ですよね?
火事があれば、もちろんあそこからも出動するんですよね?
毎週開放なんて 太っ腹!
子供好きそうなフレンドリーな消防士さん方もとっても好印象♪
男子のハート、(ママも?)鷲掴みスポットです。

そのあと、明治屋に寄ってお昼を食べて帰りました。
(遠いので明治屋に行くことがイベントとなっている)
帰りのTAXIの運転手さん、華人の方だったのですが日本語ペラペラ!
「ニホンゴ、ムツカシイデス」と言って見せてくれたノートには
単語から「私は日本語を勉強中です」といった文章までぎっしり!
会話中もわからない言葉があると「コレニ カイテクダサイ」と。
すごすぎる・・・・。
こうやって努力するからこそ習得できるんですね。
英語がわからないからとオットにまかせっきりの私は非常に反省。
ドラえもんの歌まで歌ってくれた運転手さん、とっても楽しかったです。

夜、ムスコに「サイエンスセンターとどっちが楽しかった?」と聞くと
消防車に決まってるじゃん!」と即答。
そうか。決まってるのか。
そして「ぼく、はしご車の人になる!」と宣言。
消防署の思惑どおりだな~。ムスコよ。

f0053830_2432960.jpg
f0053830_2465711.jpg

詳細はこちら
[PR]

by mam-01 | 2006-08-27 02:47 | おでかけ

愛しのNHK

日本では教育TVのお子様向け番組と「試してガッテン」くらいしか見ていなかったNHK。
こちらでは唯一の貴重な日本語チャンネル
しかもケーブルテレビのオプション
今までとありがたみが違います。
ネットもケーブルTVも繋がっていないとき、雑音だらけの日本語FM放送が終わった後は切なかったわ・・・・

そんな訳で、NHKワールドプレミアム番組表にしっかりチェックを入れ、心待ちにしている私。
今週は、2日にわたって『今日の料理』でグッチさんを見ることができ大満足。
彼のお料理は 早い・簡単・おいしいと私の希望するところを見事についているのさ!
早速、お昼に「のり茶漬け」にトライ。
こんな手抜きお手軽ですいません・・・・って感じなのに、子供たち大ウケ。
「あ~、作るの面倒だけど何か食べたい」って時、これはイケる!

見逃した方、お手軽好きな方、レシピ?お教えいたします(笑)

明日は『サラリーマンNEO』、明後日は『爆笑オンエアバトル』が私を待ってるわ☆
[PR]

by mam-01 | 2006-08-26 01:57 | シンガポール生活

いいぞ!サイエンスセンター♪

昨日、バスやTAXIで前を通るたびに行ってみたいと思っていた
シンガポールサイエンスセンター”に行ってきました。
(スーがいるうちに行くんだったぁ!)
我が家から激近!
博物館、科学館、図書館、美術館etc・・・「館」と付くもの大好きなワタクシが
見逃すハズはありません!!

入場料は大人6㌦、子供3㌦。
併設のオムニシアター(ワイドスクリーンでの40分間迫力映像)は、10㌦と5㌦。
ところが2館セットだと各12.80㌦・6.40㌦となるんですね~。
迷わず購入!
シアターで今やっているのは「Deep Sea」と「T-Rex」。
「ジュラシックパーク」がコワくて見られない子供たちなので海を選択。
上映時間まで1時間ほど、先にサイエンスセンターの方を見ることに。
入場した途端、走り出すムスコ。
ボタンと見れば押してみる・穴があったら指を入れる・引き出しがあればもちろん開ける、
とあとさき考えないムスコにはたまらない仕掛けがそこここに!
実は私も負けず劣らずこのテのもの大好き♪
(理科・化学のお勉強は大ッキライ)
「ママ~、こっちきてぇ!」の声にも「ちょっと待ってっ!コレ面白いんだから!」とすっかり夢中に。
ちょうど時間なので いったん通路で繫がっている隣のシアターへ。
プラネタリウムのようなドーム状のスクリーンを急斜面の座席に座って見ます。
海中の超リアルな映像が迫ってきて、本当に潜水艦に乗っているよう。
(正直、酔いそうだった・・・・・)
内容は割と淡々と海中生物の生態を解説したもの。
子供たちはちょっと飽きてしまったようです。
これはプログラムによって感想が分かれそうですね。
昼食はマックでとったのですが、ここが遠足の小・中学生でいっぱいでうるさいこと!
こっちの遠足って、こういうところで食事しちゃうんですね!びっくり。
休日は混むだろうと思って平日に行ったのですが、
幼稚園から大人まで団体さんの見学がとても多かったです。
食後にまたサイエンスセンターに戻り、全部見終わった頃には足がクタクタ。
かなりの充実度でした。
外には子供が遊べる水の遊具もあり、水着持参で楽しんでいる子が大勢。
次回は是非我が家も!
近い、涼しい、1日過ごせる、といいことずくめ。
また行こうね!」と子供たち大満足で、お子様接待、任務完了です。

帰ってから、更にコンドのプールで遊んだ子供たち。タフやな~~。
f0053830_23474735.jpg

[PR]

by mam-01 | 2006-08-25 17:02 | おでかけ

到着!!

8/3に無事到着しました!
在星の皆様、改めましてどうぞよろしくお願いいたします♪

日本のみんな、何とか元気にやってます!

やっとネットが開通し、タイトルも“シンガポール編”に改め気分一新でいきたいと思います。
出発からこれまでを追々アップしていくつもりです。

3日は、11:15成田発の飛行機に乗るために、家を出たのは余裕をみて朝6時。
TAXIを予約してあったので玄関を出ると、ムスメのお友達とお隣さんが!
思いがけないお見送りにうるうる~。
成田エクスプレス車内で朝食(コンビニおにぎり)をとり、順調に成田到着。
今まで海外旅行は何度も行ったものの全てツアーだったため、個人でチェックインするのは初めて。
ガイドブックを読んでおけば良かったものをぎりぎりまで出発準備でバタバタしていたため右往左往。
ぐずぐずしてる間に搭乗の最終案内が!
必死で走り、やっとのことで機内へ。恥ずかしいぃ~!
余裕のはずだったのになぁ。

機内ではちょうど「アイスエイジ2」が見られたので、子供たちもしばらくは静かに。
すぐに昼食になり、まず頼んでおいたチャイルドミールが先に出されました。
ちょこっとずついろいろ入っていて楽しいんだけど、味にクセがありあまり手を付けない子供たち。
もったいないなぁ!とは思うんだけど、そのあと自分の食事が来るのであまり食べることもできず。
子供が先に食べてからだったのでゆっくりできてよかった~。
昼食後ムスコがダウン。
そのすきに入国カードの記入。
到着2時間前にムスコが起き、ついにグズグズ言い出す。
「いつまで乗るの~?ぼく もうシンガポール行かない!」今更言われても・・・・。
酔い止めのせいかめちゃめちゃ眠くなってきてぐずるムスコの相手をしていられない・・・。
母がいてくれて本当に助かりました。
やはり7時間は長い!
ムスコを連れてまたこのフライトがあるかと思うと、正直帰国の意思が薄れます!
飛行機が着陸態勢に入ると、今度はムスメが「耳が痛い!」と泣き出した・・・・。
私もいつも痛いので耳栓をしていたのをムスメに貸してみるがあまり状態は変わらず。
アメをなめたり口を開けたりしてもダメで涙をぽろぽろこぼしていたのがかわいそうでした。

どうにかこうにか・・・・・といった感じで大荷物でよろよろと到着ロビーに降り立つも
オットの姿見えず
「ありえねーっ!」と怒りすら湧いてきたところで「○○さんですか?」と声をかけられる。
オットの上司の方の高校生のお嬢さんがちょうど同じ便で一時帰国から戻られるということで
そのまま夕食をご一緒することになっていたのでした。
まさかオットに再会するより先にご挨拶することになろうとは!!心(顔?)の準備がっ!!
何やら仕事で遅れていたようで、みんなでオット待ち。おいおい~。
やっと現れたオットは恐縮しまくり。
「パパに会ったらギューってする!」と張り切っていた子供たちも、人目を気にしてしまい
いまひとつ感動に欠ける再会となってしまいました。

そのまま車2台で食事場所のレストランへ。
名前は忘れましたが、ゴルフクラブ内の中華レストランです。
まずはスイカジュースで乾杯!
ムスコ的にこれが大ヒットだったようで、ぐびぐびいってました。
あとは北京ダックやふかひれスープ、魚のあんかけなどなど大変おいしゅうございました。
ムスコが大人しくしていられるか、失礼がないかそれだけが心配だったのですが
何とかなごやかにお食事を終えることができほっとしました。

その後シンガポールでの我が家となるコンドへ。
どんなところかドキドキ!
おぉ~、リゾートマンションみたいだ~!(こっちはみんなそうだけど)」と感動しつつ
エレベーターで我が家へ。
家の中は、思っていたよりは片付いていてちょっと安心。
高層なので夜景がきれいに見えます。
「これからここで暮らすんだ~」と感慨もひとしお。
各部屋をチェックしてから、子供たち念願のプールを見に。
大人用子供用合わせて3つもあり、子供用には滑り台までついている充実ぶり!
こりゃあ楽しそうだ~♪子供たちウキウキ(笑)

主寝室のクィーンベッドで私と子供たち、子供部屋のシングルベッドで母、もう1部屋のセミシングルベッドでオットが寝ることに。
こうしてシンガポール1日目は過ぎていったのでした。
[PR]

by mam-01 | 2006-08-21 19:30 | シンガポール生活